12人を造った.. [Message]

イエス キリスト 聖書 バイブル メッセージ 教会 礼拝 福音 伝道

「12人を造った」マルコ3:13-19

櫛田 猛 担任牧師

 今日はイエス様が12使徒を選ばれたところです。この短い箇所にも私たちを励ます神様の恵みが込められています。それを分かち合っていきましょう。ではもう一度3:13を読みたいと思います。

①マルコ3:13
イエスが山に登って、これと思う人々を呼び寄せられると、彼らはそばに集まって来た。

 ここを読んで教えられたのは、イエス様はここで新しい教会を始められたということです。ここはとてもシンプルで不思議な言葉が使われています。「イエス様は12人を造った」という言葉です。

 教会と訳されている言葉はエクレシアと言うのですが、「呼び集められた者たち」という意味です。イエス様がこれはと思う人々を呼び寄せられた。今日の12人と一緒です。だからこの12人は教会だと分かる。イエス様がここに新しい教会の12人の核を造られたということです。教会の核は人です。組織でも役職でもない。一人ひとりが聖霊に満たされている事です。

 前回、イエス様が野外で宣教を始めた事、押しつぶされそうな程人々が押し寄せた事を分かち合いました。その人たちはユダヤ教の礼拝に行けない人たちです。ユダヤ教の教会が決して受け入れない人たちでした。でも神様を求めている人たちが押し寄せている。その人たちが集える教会をイエス様は始めたのです。新しい皮袋を造られたということなのだと思います。12人はその核になる人たちだったのです。日立市には18万人以上の人がいます。この教会に来ない人達が集う新しい皮袋を造っていきたいですね。教会は変わっていかなければならないのです。エルサレム教会からアンテオケ教会に移ったように。

イエス キリスト 聖書 バイブル メッセージ 教会 礼拝 福音 伝道 人

 

 イエス様はたくさんの人たちの中から12人を呼びました。だからこの12人を見ればイエス様がどんな教会を造りたかったのか、そのデザインが分かります。ざっと見て分かる事はこの12人はエリートではないことです。ただの漁師です。イエス様は学歴や家柄など関係ない教会をデザインしています。この世界では格差はあります。なくならないでしょう。でも永遠の命に関しては格差はない。家柄や学歴に恵まれなくても、健康に恵まれなくても、ただ心が砕かれてイエス様の救いを求める人には、信仰だけで永遠の命が与えられる。イエス様はそういう教会を造られたのです。

 イエス様の選んだ12人はやっかいな人たちでした。自分なら選びません。本物のテロリストが2人もいたそうです。うまく行くわけがない。やっぱり12人の間で主導権争いが生まれて、ユダがイエス様を裏切ったのも、この12人の人間関係が関係なかったとは言えないと思います。どうしてこんな12人を選んだのか?イエス様は違う者同士が一緒に生きる教会をデザインしているのです。

私たちは学校や会社を選ぶ時、どんな人がいるか、気の合う人がいるかどうかを気にします。でもイエス様は私たちには違うチャレンジを与えています。よいサマリヤ人のたとえを読むなら、あの人はどんな人か、優しいか気にするのではなくて、あなたがどんな人か、優しい人かどうかです。他の人はどうでもいいのです。自分がよい隣人になれるかどうか、それがイエス様に問われています。自分が居心地のいい場所や人を探すのではなくて、考え方も感じ方も違う私たちが居心地のいい場所を作る。国も民族も主義も思想も違う人たちが一緒に生きる教会をデザインされているのです。

イエス キリスト 聖書 バイブル メッセージ 教会 礼拝 宣教

 

それを表している聖書の言葉があるので読みましょう。ガラテヤ3:26—29です。

②ガラテヤ3:26—29
 あなたがたは皆、信仰により、キリスト・イエスに結ばれて神の子なのです。洗礼を受けてキリストに結ばれたあなたがたは皆、キリストを着ているからです。そこではもはや、ユダヤ人もギリシア人もなく、奴隷も自由な身分の者もなく、男も女もありません。あなたがたは皆、キリスト・イエスにおいて一つだからです。あなたがたは、もしキリストのものだとするなら、とりもなおさず、アブラハムの子孫であり、約束による相続人です。

 私たちは自分と同じような人と一緒にいたいものです。その方が楽だから。でも教会はそういう場所じゃない。自分と感じ方も考え方も違う人たちと教会を建て上げます。それがイエス様のデザインだからです。お互い大変です。でもしっかりはまればこんなに強い絆はない。教会を考える時はいつもお城の石垣をイメージして下さい。一つとして同じ石はない。形も大きさも違います。でもそれがハマりあうと、とても強い土台になるのです。イエス様はそういう強い絆を求めているのです。

 最後に選ばれたこの12人は強くもないし立派な人でもなかった。それどころか弟子たちはみんなイエス様を見捨てた失敗者です。それが大切だったと思います。ペテロの本名はシモン。水辺に生えている草という名前です。軽率で出しゃばりなお調子者。それは生涯変わらなかったと思います。ヨハネはとても短気な人でした。歳を取ったらよけい短気になってその上頑固になったようです。彼らは聖人君子ではなかったのです。不完全なまま主に用いられたのです。

 イエス様のデザインは弱い者や失敗した者が、神様に赦されて、神様から恵みを受けて、神様に感謝を捧げるようになることです。それが教会。だから弱いけれど心の柔らかな者を選ばれた。私たちは失敗しないこと、落第しないことを求めるけれど、イエス様が求めているのは、失敗した時に上手に砕かれる事なのです。神様の恵みをしっかりと受ける事が出来るからです。

 皆さん。私たちもイエス様にこれはと思って呼び寄せられたのです。私たちがこの地域の神の国の核です。お互い欠点もあるし、失敗もいっぱいあります。でもその欠点すらもイエス様は強さに変えてくれます。私たちは自分の欠点を見て嘆くよりも、キリストによって呼ばれて、キリストのものであることを喜ぶ教会でありたいと思います。それが本当のキリストの教会です。

イエス キリスト 聖書 バイブル メッセージ 教会 礼拝 愛 癒し 救い

 

私たちのゴールを教えてくれる聖書の言葉を読みましょう。

③Ⅰコリント15:10
 神の恵みによって今日のわたしがあるのです。そして、わたしに与えられた神の恵みは無駄にならず、わたしは他のすべての使徒よりずっと多く働きました。しかし、働いたのは、実はわたしではなく、わたしと共にある神の恵みなのです。

 今は辛い。今は迷いや悩みの中にいる。でも将来、今の自分になれたのは神様の恵みですと感謝する日が来るんです。私たちの家族や祈り続けてきた友人が、ここで、今の自分があるのは神様の恵みですと証する日が来るのです。一生懸命働いて、一生懸命生きてきて、でも頑張ったのは自分ではなく、私と共にあった神様の恵みです。そう感謝する人に変えられる日が来る。私たちはそういう教会に成長するよう導かれているのです。そのために与えられた兄弟姉妹です。改めて感謝していきましょう。

日立キリストの教会のHPはこちら

イエス キリスト 聖書 バイブル メッセージ 教会

日立キリストの教会 2018年6月3日 礼拝メッセージ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

心の休みOcarina Gospelを後援する♡

スポンサー 後援 募集 音楽 活動 宣教 オカリナ 賛美